04/20/2024

介護業界に以前勤めていたが辞めてしまい、しばらくしてからまた介護業界への転職を考える方もいるでしょう。
こうしたブランクのある方は、他の業界では中々復帰が難しいという見方もありますが、介護業界は人手不足が目立っているため、即戦力として歓迎されるケースが多いです。
そんなブランクのある方が介護業界に復帰する際、どのように転職すれば仕事がやりやすくなるのか、コツをご紹介します。

一度介護業界で働いていた方なら分かる通り、介護は力仕事となる場面が多いです。
食事介助はともかく、入浴介助や寝たきりの方の介護をする場合は身体を起こしたり持ち上げたりといった動作が求められます。
そのため長年業界から離れていた人はこうした力仕事をまたできるのか不安に思うことも多いです。
そのため、はじめは力仕事にばかり偏りすぎないように調整してもらえるところに就職して、少しずつ身体を慣らしていけるとよいでしょう。
この場合、介護施設で働く形式の仕事を選べるのがベストです。
被介護者の自宅へ伺う訪問介護の形式で自分が出向く場合は、基本的に1人で出向くため助けてくれる他のスタッフがいない場合も少なくありません。
このように、まずは周りにサポートしてもらえる環境の職場を選ぶことが介護士として復帰するときのポイントです。

介護業界はブランクがある場合でも出戻りを歓迎されるケースが多いです。
国としても再就職準備金を設けるなど、ブランクのある人をサポートしているので、働きたいと思ったらその気持ちに従ってみても良いかもしれません。